All Through the 60's

音楽好きの一合唱人のブログです-2012年よろしくおねがいします

名前:over_the_bird
おかしなことやっとる

over_the_birdをフォローしましょう

Steve Winwood - Gimme Some Lovin'

SDGのボーカル&オルガニスト、ウィンウッド神です。 
映像は個人のものっぽいので、多分3年前のものかと。
60超えてこの声はすごいですね。
歌とオルガンに加えてギターなどなんでもできるらしく、ポール・マッカートニー並みの才能の持ち主かと思われます。
この曲が出たときが18歳ですからね。

この神を間近で見れている観客がうらやましい・・・

Steve Winwood - Gimme Some Lovin'

The Spencer Davis Group - Gimme Some Lovin'

メンバーはほとんど代わってますがアホみたいに息の長いグループ 白人なのに黒人みたいな声してます The Spencer Davis Group - Gimme Some Lovin'(1967) 

The Byrds - Hey Joe

ジミヘンのこの曲は嫌というほどカバーされてますが一番いいのはやっぱりバーズ版ですね。
私はバーズと聞いてフォークのイメージしか持ってなかったので、最初聴いたときは驚きました。
ジミヘンのカバーということで中々ハードな演奏をしてますね。
ギターの速弾きもジミヘンを意識してでしょうか。 

ストーンズの"Not Fade Away"のカバーといい、つくづく演奏が上手いバンドだなぁ・・・と思いますね。

The Byrds - Hey Joe (1966)  

The Music Machine - Talk Talk

60年代ガレージクラシック ストーンズの黒さにオルガンを加えた感じですね。 The Music Machine - Talk Talk(1966)

the action - I'll keep on holding on

超名曲! the action - I'll keep on holding on 
記事検索
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ